Expi

【ゾディブレ】Expiオリジナル編成で闘技場の上位層ユーザーのパーティと戦ってみた

2018/12/04ゲーム攻略


Expiのゾディブレ担当が編成を考え、闘技場の上位層のユーザーのパーティと模擬戦をしてみた!

テーマは...

「回避特化パーティ」

あくまで筆者の主観ではあるものの、興味のあるユーザーは下記ユニットをもっているギルドメンバーにお願いして模擬戦などで研究してみよう!

目次

今回紹介するパーティ!

後列 前列
  • 新生・鳳凰星座 一輝(OCE)
  • 獅子座 アイオリア(OCE)
  • 射手座の神聖衣 アイオロス(双節棍)
  • 最終・鳳凰星座 一輝(OCE)
  • 琴座 オルフェ

このパーティの特徴

PickUpのワケ


先月末までの新登場したユニットを注視してみると、回避能力を高めるスキルが豊富であることに気づいた。

前回は蠍座の神聖衣 ミロ(双節棍)のレビュー記事に少し回避特化パーティの編成を紹介したが、最近登場するキャラクターには常時発動での効果に加えて、スキルの発動によって重ねがけで回避効果をどんどん底上げすることが可能に。

そこで今回は新旧ユニットを織り交ぜ、使えるだろうと思われる回避特攻に優れたユニットの編成を紹介し、実際の闘技場のTOP10にいた編成と戦ってみて検証していく。

PickUpパーティの有効な点

各キャラクターのメリットを紹介。

 新生・鳳凰星座 一輝(OCE)
  • 命中力を常時低下させるほか、混乱/挑発で敵の撹乱を起こす妨害に長けたユニット。
  • 開幕発動の「鳳凰幻魔拳」で複数の敵を混乱状態にする。
  • 誘いの炎」で挑発し、チャージスキル「獄炎の加護」によるバリアを利用し敵の攻撃を無力化させる。

 獅子座 アイオリア(OCE)
  • 撹乱に加えて防御無視の攻撃を繰り出す後列アタッカー。
  • 開幕に発動する「獅子の怒号」により最も遠い敵の近くに瞬間移動し、複数の敵をスタンさせる。
  • 単体連続攻撃の「ライトニングボルト」とチャージスキル「ライトニングプラズマ」で防御無視の攻撃命中力低下を次々に繰り出していく。

 射手座の神聖衣 アイオロス(双節棍)
  • 自陣の回避能力の底上げと敵のバリアと防御を無視して攻撃するアタッカー兼妨害役。
  • 必中効果のある「アトミックサンダーボルト」で複数の敵の命中力を低下させ、「神・サジタリアスの矢」により攻撃と同時に敵のバリアを破壊していく。
  • 天秤座の双節棍」で味方の回避の底上げと同時に、自身の全攻撃に一定確率で物理防御無視の効果を付与。
    これにより、バリア貫通のチャージスキル「神・アトミックサンダーボルト(双節棍)」の火力の底上げにも繋がる。

 最終・鳳凰星座 一輝(OCE)
  • 敵の命中力/回避低下を重ねがけし、戦況を有利にしていくサポーター。
  • バトル開始直後から周期的に発動する必中の「炎掌底・改」により、前衛の敵の命中力/回避を低下させることができる。
  • 生命の炎・改」で近くの敵をスタンで足止めし、味方のHPを回復するため、撹乱役の対処にとても有効。
    更に「鳳翼天翔・改」で重ねがけ可能な命中力/回避低下を行っていくため敵の攻撃を回避しやすい状況に持ち込める。

 琴座 オルフェ
  • 足止めと同時に味方のデバフ/状態異常を解消し小宇宙ゲージを増加する攻撃とサポートを同時に行えるサポーター。
  • チャージスキル「デストリップセレナーデ」で複数の敵を拘束し、すかさず「ストリンガーフィーネ」で味方のデバフ/状態異常解除小宇宙ゲージを回復させる。
  • 高頻度で発動する「ストリンガーノクターン」でヒットした敵の命中力低下&自身の回避上昇を重ねがけで行えるほか、「美しい音色」で味方全体の回避/HP吸収を上昇させ、自陣の生存率を更に高める。

その他のおすすめユニット

上記では、編成に入れていないが回避特化に向いているだろうユニットを紹介する。

使い方によっては大きく化けるユニットでもあるので、ゲットしたら確認してみよう。

 邪神 ロキ
  • ベルセルク」により、自陣の命中力/回避の底上げと行動待機時間の短縮を常時発動する。
    1回のスキル強化における回避の上昇値が比較的高く、自陣の生存率の向上につながる。
  • 黄金聖闘士に対してのあたりが強いアタッカーとして活躍し、「ユグドラシル」で攻撃と同時に敵のスピードを下げたり、「グングニルの槍」でバリア無効化&ノックバックで敵に一斉攻撃を行う機会を高頻度で作る。

 牡羊座の神聖衣 シオン
  • 必中効果付きのチャージスキル「神・スターダストレボリューション」で敵全体の命中力を低下してくれる。
  • オールラウンダーとして活躍するので、自陣の状況によっては回復役や妨害役としても立ち回っていく

 邪神 エリス
  • 黄金の林檎」を放ち、ヒットした敵から命中力/回避を含む複数のステータスを奪うことで自身の火力を上昇していく。
  • 破壊の眼差し」や「エリスの槍」など、バリア貫通の高火力攻撃を繰り出すアタッカーとして活躍する。

 天秤座の神聖衣 紫龍
  • チャージスキル「神・廬山百龍覇」の全体攻撃で命中力を低下させ、「五老峰の加護・極」で自陣の回避能力を高める。
  • スピードアタッカーとしても活躍できるほかに「繋がれた闘法」で一定時間こらえることができ、バトル中は長時間活躍することが見込める。

実際に戦ってみた

今回編成した回避特化パーティの行動パターンを見てみるため、PickUpパーティと同じ編成で実際に某ワールドのトップ10のパーティと模擬戦をしてみた。

対戦相手のパーティ

後列 前列

バトルの流れ

  1. バトル開始直後、最終・鳳凰星座 一輝(OCE)射手座の神聖衣 アイオロス(双節棍)の命中力低下により序盤から被弾率を大きく抑えていく。
    敵の太陽神 アベルの後ろをとった獅子座 アイオリア(OCE)がスタンの足止めを行い、その後も暫くの間アベルを集中的に攻撃し、早い段階で退場させる。
    一方、琴座 オルフェが「ストリンガーノクターン」で、複数の敵をバインド状態にして敵の命中力を下げていく。
  2. 射手座の神聖衣 アイオロス(双節棍)が、「神・サジタリアスの矢」で態勢を戻そうとする敵陣のバリアを破壊し、再び全体をスタンで足止めする。その後、最終・鳳凰星座 一輝(OCE)が「生命の炎・改」を展開し味方全体を回復させる。
    敵のハーデス 瞬が「グレイテストエクリップス」で継続ダメージを与えようとするも琴座 オルフェが「ストリンガーフィーネ」で継続ダメージを解除し、味方の戦闘不能を防ぐ。
  3. その後、敵の眠りを司る神 ヒュプノスが「神の慈悲」でバリアとHP回復を行うも神アイオロス双節棍とアイオリアOCEの連携攻撃で戦闘不能になり、弟の方は邪神 ロキハーデス 瞬の順に目をつけ、再び集中攻撃。
    そして最後に残ったオーディーン アイオリアスタンによる足止めを受けている間にトドメをさされてしまう。
戦ってみてわかったこと
  • バトル中はほぼ攻撃を受けることはない
  • 回避能力の底上げに加えて様々な状態異常で敵の足止めする
  • バリアが展開されても貫通/ 無効化の攻撃を多用し、しっかりダメージを与える

まとめ

今回は、回避特化に優れたユニットを用いて戦ってみた。

従来の回避特化パーティに比べると、開幕直後に発動するスキルのおかげで、上昇した回避能力を長時間維持し続けることが可能であることがわかった。

今回戦った敵の編成は、正直筆者も出くわしたくないほどの火力や連携力の高い上位陣の編成だったためにうまくいくのか不安だったが、10回戦って8回勝つことが出来た。

今後はこのような回避特化パーティの認識を改められるユーザーも増えていくと思われるので、他の対回避特化パーティを始め様々な編成方法を模索するために、今後の新登場ユニットに注目していく必要性を改めて感じた。

なお、前回の記事のようにピックアップしたパーティに対抗するためのパーティは今回は記載していないが、

上記の他にも対抗する方法はあるので、いろいろと模索してみてほしい。


※本サービスに掲載されている情報は独自のものであり、ゲームの公式情報ではありません。

Expiゲーム情報