Expi

【城プロ:RE】「唯我独尊 ~豊後~」をプレイしてみよう

2018/05/15初心者攻略

このページではアプリ版から初めて『御城プロジェクト:RE~CASTLE DEFENSE~』をプレイするユーザーに向けて、ストーリー序盤の「唯我独尊 ~豊後~」を解説します。

本州上陸のために

海を挟んで本州が見える場所までたどり着いた殿一行でしたが、早速船で海を渡って本州に上陸しようとしたところ、そこに大量の兜たちの姿を発見してしまいます。

とても相手にできるはずがないと判断した一行は、千狐の案の通り四国を経由して関ケ原に向かう道をとることに決めます。

四国への船は豊後から出ているため、一行は、まずは豊後に向かうのでした。

豊後到着

豊後に到着するとそこにもすでに多くの兜がはびこっていました。これにはさすがの千狐もショックを隠し切れず口調が素に戻ってしまいます。

しかし、ショックを受けている間もなく柳川城が兜に取り押さえられている女性を発見します。

兜たちの行為が許せないと感じた柳川城は、殿とともに女性を助けるため兜たちに戦いを挑むのです。

ここで合戦(バトルパート)に入ります。

合戦(バトル)攻略

▲初期配置はこのようになっています。

蔵を破壊されずにクリアを目指す場合、兜が蔵にたどり着く前に処理していく必要があります。

兜の多くは下の画像の矢印のように進行してくるため、〇の位置に近接城娘と遠隔城娘を配置してみましょう。

基本的には城娘を1人にせず周囲に1~2人の城娘を配置してお互いカバーしあえるような配置が望ましいので、意識して配置してみましょう。

下の画像のように兜が湧いてくる建物が画面中央にあります。これを放置してしまうと中央の蔵が一気に破壊されてしまうため、兜が湧いてくる建物の真横に近接城娘を配置してみましょう。

この位置には遠隔城娘も配置することができるのですが、真横から兜が湧いてくるため、攻撃を受けやすくすぐにやられてしまう可能性があります。そのためここは近接城娘を選択するのが無難でしょう。

このとき、攻撃範囲の広い近接城娘を選択すると上の城娘の援護もできるためおすすめです。

殿の前の川の向こう側に近接城娘を1人と殿の下に遠隔城娘もしくは近接城娘を配置することで殿周辺の守りが厚くなります。

川の向こうの近接城娘を配置した位置は、抜けてきた兜を殿に近付かせないための重要な位置なので、防衛の要だと思って編成でも強めの城娘を選択しましょう。

また、殿の下の位置は第四波で硬い兜が攻めてきます。この位置も目の前の蔵と殿を守るために重要な位置なので、なるべく育った強い城娘を配置することをおすすめします。

最後に残った城娘は下の画像の〇の位置に配置することで目の前の建物から湧いてくる兜や空から攻めてくる兜に対応することができます。

このMAPでは3体の硬い兜が第三波と第四波にそれぞれ違った方向から進行してきます。

ダメージ計略を所持している城娘が編成にいる場合、第三波と第四波に攻めてくる硬い兜に計略を使うことで攻略がよりスムーズにいくため、計画的に使ってみましょう。

 
 
 
 

Expiゲーム情報