Expi

【暁のエピカ】ダイヤの主な使い道について

2018/04/11ゲーム攻略


URLとタイトルをコピー

ダイヤの主な使い道について

ゲームをスタートさせるとログインボーナスや、プレゼントなどで多くのダイヤが手に入るが、 実際のところ何に使ったらいいか迷ってしまうユーザーも多いのではないだろうか。

そこで今回は、ゲーム序盤での主なダイヤの使い道について紹介していく。

ダイヤの使い道

暁のエピカでのダイヤの主な使い道としては、

  • 英雄ガチャ
  • アイテムボックスの拡張
  • ダンジョンでの復活
  • 武器や防具のルーン枠の拡張
  • 休憩ボーナス
  • アバターの染色
  • 所属国家への寄付
  • ゴールドや強化素材の購入

などが挙げられる。もちろん他にも使い道はあるが、基本的なものはこのあたりだろう。

これだけの使い道があると、全てに満遍なく使いたくなるが、これら全てにダイヤを消費していると相当量のダイヤを消費してしまう。

そこで重要になってくるのが、自分が何に重点を置くかを決め、その時々でのダイヤの使い道を考えることだ。

例えば、まだ自分が戦力の軸となる英雄を持っていないのだとしたら、もちろん英雄ガチャへの利用が最優先となる。

▲ガチャで目的の英雄をゲットしよう!

また、十分な戦力となる英雄を既に所持している場合は、ゲームをプレイしていない時間分の経験値を大量にゲットできる「休憩ボーナス」に利用するのがオススメだ。

▲休憩明けのログイン時に現れる休憩ボーナス

「休憩ボーナス」はゲームにinしていない時間によって、消費するダイヤの数が変わるものの、 500%ものボーナス経験値が貰えるので、こまめにプレイする時間が取れない人や育成スピードを上げたい人は絶対に利用したい超便利機能だぞ。

▲不在時の500%もの経験値が獲得できる休憩ボーナスは絶対に利用したい

もちろん今回紹介した方法がすべて正しいというわけではないので、自分の好みのアバター集めにダイヤを使ってゲームを楽しむというのも大いにアリだ。

ただし、ゲーム序盤以降はダイヤの使い道がよりシビアになるため、余ったからといって無駄遣いするのではなく、後々のためにしっかりと貯めておこう。

ダイヤを使う上で気をつけるポイント

と、ここまではダイヤの有効的な使い方を紹介したが、逆に序盤でダイヤの利用をあまりオススメしない場面もある。

それは

  • アイテムボックスの拡張
  • 武器や防具のルーン枠の拡張
  • ダンジョンでの復活

の3項目。それでは理由を1つずつ説明していこう。

アイテムボックスの拡張

序盤は手に入る武器が多く、アイテムボックスが常に満杯になりがちだが、枠の拡張は5枠で50ダイヤがかかる。

▲拡張は必要なときだけにしよう

そこで基本的には戦力が弱い武器は、新しい武器の強化素材にしてアイテムボックスの容量を確保し、どうしても無理な場合にだけ拡張するのがオススメ。

武器や防具のルーン装備枠の拡張

次に、武器や防具のルーン装備枠の拡張についてだが、これもゲーム序盤にミスしやすいポイントなので注意が必要だ。

まず、武器のルーン装備枠は2つ目がダイヤ20個、3つ目が40個と割と安価で拡張できるのだが、注意としてはその武器を利用しなくなった場合、次の武器に枠の継承ができないのである。

▲武器の強化値と違って拡張枠は継承できない

要するに新しい武器が次々と手に入る序盤からルーン装備枠を拡張しても、上位武器が手に入ればダイヤが無駄になってしまうのだ。

ルーン枠の拡張は上位武器がある程度集まってからするようにしよう。

ダンジョンでの復活

最後に、ダンジョンでの復活時のダイヤの利用についてだが、暁のエピカではダンジョンの攻略に必要な総戦力が明記してあり、その戦力以下で挑戦した場合、攻略はかなり厳しいと考えたほうが良い。

また、必要な戦力を超えていても防御力が低いとすぐに倒されてしまうので、しっかりと防具の強化も行っておこう。

▲攻略に必要な総戦力をあらかじめ確認しておこう

数発で倒されてしまうようなダンジョンでの復活に沢山のダイヤをつぎ込むのなら、あらかじめ総戦力をきちんと底上げしてから挑むほうがダイヤのムダがなくて済む。

以上の事柄に注意しながら、ダイヤを節約すべき所には抑えて、使うべきと所には積極的に使うといったメリハリのある利用法を実践してみよう!

◀ 攻略まとめTOPへ
 
 
 
 

Expiゲーム情報