Expi

【ぼくドラ】ぼくドラ 用語辞典

2018/11/12ゲーム攻略

ぼくとドラゴンの用語について紹介!

召喚バトルでよく使われる略称など、様々な用語について解説しているので、わからない言葉はチェックしてみよう!

「使用例」をタッチすると、その用語の使用例が表示されるので、どんな場面で使用されるかも確認してみよう!

重要な用語

ぼくドラをプレイするにあたって、必ず知っておきたい用語をピックアップ!

当てる(あてる)

①敵気絶者対象とするドラゴンブレイクを当てること(ドラ当てともいう)

使用例

エルコン(えるこん)

①応援コンボを指す用語
②エール(=応援)コンボの省略

使用例

開幕(かいまく)

①召喚バトルの開始直後
②そのタイミングで召喚するドラゴンブレイク

使用例

被せ(かぶせ)

①敵の召喚したドラゴンブレイクに敵前衛への能力上昇効果がある場合に、発動直後に同一能力の減少効果のあるドラゴンブレイクを召喚し効果を相殺すること
②その指示

使用例

気絶待機(きぜつたいき)

①前衛で敵からのダメージにより気絶状態にさせられたときに、回復コマンドを実行せず気絶状態を維持すること。その戦術・戦略。
②その指示。

使用例

気絶技(きぜつわざ)

①敵前衛が気絶状態のときに効果を発揮するスキル(代表的な気絶技:ブレイズ系スキル、ヘルズスカーなど)
②その使用指示

使用例

切る(きる)

①敵の攻撃コンボを切る。コンボは5分以内に他のメンバーが繋がないと切れるので、その間気絶状態を維持して攻撃を受けない。その戦術、戦略。その指示。
②ギルドメンバーでバトル参加率、ログインなどギルドで定めたノルマを達成しないメンバーを除名する。

使用例

ギリ(ぎり)

①ギリギリ
②ギリギリのタイミング

使用例

削る(けずる)

①味方前衛が全員気絶中に後衛が主にハイグレイスなどのスキルを使用して敵前衛のステータスを下げること
②その指示

使用例

粉(こな)

①スライムパウダーを指す用語
②(召喚バトル中にスライムパウダーを使用し)ホーム画面でAPを回復すること。および、その実行の宣言

[同意語]
エピ・ピンク

使用例

自動(じどう)

①(主に)召喚バトルに不参加の前衛を指す。またその状態での敵への攻撃(自動攻撃)

使用例

スカー(すかー)

①ヘルズスカー、ダークスカーを代表とする対象が複数の敵で、敵気絶者が多いときなどに使用すると大きなBPを獲得できる攻撃スキル
②終盤に使用されると大逆転を許す事になりかねないため特に警戒される

使用例

スポット(すぽっと)

①召喚バトルに途中から参戦すること。あるいは最後までは参戦できないこと。(スポット参戦、省略してスポという場合もある)
②仕事や家事などをしながらの参戦のためバトル指示を常に確認できないこと。

使用例

即出し(そくだし)

①今すぐにドラゴンを召喚する。(今現在ドラゴンブレイク召喚中や発動中の場合、終わり次第ドラゴンを召喚する)
②その指示。

使用例

ゾンビ(ぞんび)

①大量にBPを獲得するためや、味方前衛にバフを受けさせるため、倒されても何度でも回復コマンドを実行して起き上がること。状態。
②その指示。

使用例

調整(ちょうせい)

①竜撃選抜グランプリなどで、勝ち点やBPの獲得に制限を設け意図的に受けず、強い相手とのマッチングを避けること。

使用例

繋ぎ(つなぎ)

①攻撃、応援、遠距離等のコンボを繋ぐ。継続可能時間内にそれぞれのコマンドを実行することで継続可能時間を最大に戻す。(通常、特に指定のない場合は攻撃コンボを指す)
②一般的には、誰が、いつ(今、残り30秒で、ギリギリのタイミングで)などとセットになる。

使用例

潰し(つぶし)

①敵の前衛を攻撃や魔法、遠距離攻撃を用いて気絶状態にする
②敵の召喚した敵前衛を対象としたドラゴンブレイクを無効化する(発動直前に敵前衛を気絶状態にする)
③敵の召喚した味方前衛を対象としたドラゴンブレイクを無効化する(発動直前に味方前衛に気回復コマンドを実行させる↔[同義語]:回避)

使用例

積む(つむ)

①攻撃コンボを積む。なるべくダメージを与えずコンボ数を増やす(前衛なら疾風斬、後衛なら攻撃、突入、強襲などを使用するのが最良とされる)

使用例

詰める(つめる)

①大きく差が開いたBPを終盤に逆転が狙えるように縮めること。

使用例

デバフ(でばふ)

能力やステータスを減少または悪化すること。その機能を持ったスキル。またはその効果。

使用例

凸(とつ)

①限界突破を指す用語。

使用例

土台(どだい)

①自分が先に魔法を使って連携待ち状態を作ること。
②強力な魔法スキルを使う際に連携効果を高めるため誰かに先に魔法を実行してもらうこと。

使用例

殴る(なぐる)

①攻撃する。攻撃スキルの実行(な:殴る、こ:攻撃するのように平仮名一文字に省略されることもある)
②その指示。報告。

使用例

ニノコ(にのこ)

①敵の前衛を2体だけ残して気絶状態にする戦術・戦略
②その指示

使用例

寝る(ねる)

①気絶状態を維持する。(対語:起きる)
②その指示。

使用例

範囲(はんい)

①範囲攻撃(敵前衛2〜5体にダメージを与える攻撃)の略
②範囲攻撃使用の指示

使用例

バフ(ばふ)

能力やステータスを上昇または良化すること。その機能を持ったスキル。またはその効果。

使用例

ピンク(ぴんく)

AP。およびAPの回復を実行するため少しの時間離脱する宣言

[同義語]
エピ・ホーム・粉

使用例

マインド(まいんど)

①マインド系、ブレイク系、フォースダウン、チャームトラップなど、敵気絶者を対象とし能力減少効果を有する後衛のスキルを指す用語。(気絶デバフとも呼ばれる)
②その使用指示。

使用例

モグラ(もぐら)

①モグラ叩きともいう。相手が起きたらすぐに気絶させて反撃させないこと(同意語:マウント)
②その指示。

使用例

ワンパン(わんぱん)

①敵前衛に対して1回だけ攻撃すること(通常作戦指示を担当するメンバーから指定されたメンバーが行う)
②その指示。

使用例

あ行

青りんご/青リンゴ(あおりんご)

①再ふりわけの実(アイテム)を指す用語。(入手し使用することでふりわけPを全てリセットできる)

使用例

上げ(あげ)

①味方の能力やステータスを上げる。上昇させる。(同義語:バフ)
②その効果を持つスキル、ドラゴンブレイクおよびその使用指示。

使用例

アジ(あじ)

①アジ・ダハーカ(ドラゴン)を指す用語
②アジ・ダハーカの召喚指示

使用例

浴びる(あびる)

①味方が召喚したドラゴンブレイクの発動に合わせて回復コマンドを実行すること。(同義語:受ける、受け)
②敵の召喚した味方気絶者対象のドラゴンブレイク発動に合わせて回復を実行したが間に合わなかった。浴びた。浴びてしまった。

使用例

イチノコ(いちのこ)

①敵の前衛を1体だけ残して気絶状態にする戦術・戦略
②その指示

使用例

イフ(いふ)

①イフリート(ドラゴン)を指す用語
②イフリートの召喚指示

使用例

受け(うけ)

①味方前衛生存者対象のドラゴンブレイク発動(場合によっては詠唱開始)時に気絶状態から回復すること。
②およびその指示。

使用例

受け潰し(うけつぶし)

①味方生存者を対象とする能力を上昇するドラゴンブレイクの発動直前に回復コマンドで気絶から起き上がり、連続して敵生存者を対象とするドラゴンブレイクの発動直前に敵前衛の全てあるいは一部を気絶状態にすること。
②順番が逆の場合【潰し受け】もある。

使用例

馬(うま)

①スレイプニル(ドラゴン)を指す用語
②スレイプニルの召喚指示

使用例

ウリ(うり)

①ウリディンム(ドラゴン)を指す用語
②ウリディンムの召喚指示

使用例

ウロ(うろ)

①ウロボロス(ドラゴン)を指す用語
②ウロボロスの召喚指示

使用例

鱗剥ぎ(うろこはぎ)

①竜王戦(ぼくドラのイベント)を指す用語。竜王戦で『冥竜王ファフニール』を討伐することで貴重なアイテム『冥竜王の鱗』を入手できることから使われるようになった。
②竜撃選抜グランプリでも、参加報酬・勝利報酬で冥竜王の鱗を入手できるが、普通は最終日の竜王戦だけを指す(場合によっては全体としての竜撃選抜グランプリと竜王戦の総称として使用されることもある)

使用例

追い上げ(おいあげ)

①相手に大きくBPをリードされているとき、終盤での逆転を狙うため差を詰めること
②その指示

使用例

起きる(おきる)

①気絶状態にある前衛が回復コマンドを実行して生存状態にもどること
②その指示

使用例

落ちる(おちる)

①召喚バトルまたはゲームから離れること
②(敵のデバフスキルやドラゴンブレイクにより)能力が落とされること(落とされる・落ちている)

使用例

囮(おとり)

①味方前衛生存者対象のドラゴンブレイクを所持するドラゴンを召喚し、敵に味方前衛を全滅させることで、敵の攻撃コンボを切る作戦。
②または、その際に召喚するドラゴン。

使用例

か行

回避(かいひ)

①味方前衛気絶者を対象とした能力減少またはステータスを悪化させる敵の召喚したドラゴンブレイクを発動直前に回復コマンドを実行して無効化すること
②その指示

使用例

回避阻止(かいひそし)

①敵の召喚したドラゴンブレイクに味方気絶者への能力減少効果と敵生存者への能力上昇効果がある場合に、回復コマンド実行により能力減少を回避した上、敵生存者の全てまたは一部を気絶させることにより能力上昇を阻止すること
②その指示

使用例

蛙/カエル(かえる)

①ヴォジャノーイ(ドラゴン)を指す用語。
②ヴォジャノーイのドラゴンブレイクの召喚指示。

使用例

カト(かと)

①カトブレパス(ドラゴン)を指す用語
②カトブレパスの召喚指示

使用例

カボチャ(かぼちゃ)

①ジャックランタン(ドラゴン)を指す用語
②ジャックランタンの召喚指示

使用例

亀(かめ)

①霊亀(ドラゴン)を指す用語
②霊亀の召喚指示

使用例

ガチ(がち)

①ぼくドラの勝敗など成績を重視するギルド。ガチ勢力。ガチ勢。
②グランガチ(ドラゴン)を指す用語。
③グランガチのドラゴンブレイクの召喚指示。

使用例

ガルグ(がるぐ)

①ガルグイユ(ドラゴン)を指す用語
②ガルグイユの召喚指示

使用例

強デバフ(きょうでばふ)

①ステータスを減少させるスキルの中でも効果が大きいもの。(例: メリフルアスカーズ、ルナリスタル)
②その使用指示。

使用例

強バフ(きょうばふ)

①ステータスを上昇させるスキルの中でも効果が大きいもの。(例: アラビアンナイト、倭神勝鬨等)
②その使用指示。

使用例

巨人(きょじん)

①超大型巨人(ドラゴン)を指す用語
②超大型巨人の召喚指示

使用例

金ファフ(きんふぁふ)

ファフと同じ(冥竜王ファフニールと区別するため、ファフニールを金ファフ、冥竜王ファフニールを黒ファフまたは闇ファフと呼ぶ場合がある)

ギリコン(ぎりこん)

①ギリギリのタイミングで攻撃コンボを繋ぐこと
②その指示

使用例

ギル完(ぎるかん)

①大討伐!メダルパニック、大勧誘!スカウトラッシュなどのイベントでギルドの最終目標を達成したこと。(個人目標を全て達成することを完走、デイリー目標を達成することをデイリー完走ともいう)

使用例

クジラ(くじら)

①ケートス(ドラゴン)を指す用語。
②ケートスのドラゴンブレイクの召喚指示。

使用例

黒ファフ(くろふぁふ)

①冥竜王ファフニール(ドラゴン)を指す用語
②冥竜王ファフニールの召喚指示

[同義語]
闇ファフ

使用例

継承(けいしょう)

①継承の指輪(アイテム)を使用して、オーブに他のオーブのスキル継承をすること。

使用例

ケル(ける)

①ケルベロス(ドラゴン)を指す用語
②ケルベロスの召喚指示

使用例

コア(こあ)

①コアトリクエ(ドラゴン)を指す用語
②コアトリクエの召喚指示

使用例

攻撃特化(こうげきとっか)

①召喚バトルにおけるBP獲得の手段として攻撃を主体としたギルド。(対語:魔法特化)
②ギルドの方針等により攻撃系を主体に編成したスキル。

使用例

ゴリ(ごり)

①ゴリニチ(ドラゴン)を指す用語。
②ゴリニチのドラゴンブレイクの召喚指示。

使用例

さ行

下げ(さげ)

①敵の能力、ステータスを下げる。減少させる。(同義語:デバフ)
②その効果を持つスキル、ドラゴンブレイクおよびその使用指示。

使用例

サメ(さめ)

①レモラ(ドラゴン)を指す用語。(鮫の文字を使用することもある)
②レモラのドラゴンブレイクの召喚指示。

使用例

猿(さる)

①ハヌマーン(ドラゴン)を指す用語
②ハヌマーンの召喚指示

使用例

サンドバック(さんどばっく)

①対戦ギルドとの戦力差により、総攻撃時に回復しても即気絶させられるため、回復以外何もできない状態。

使用例

ショット(しょっと)

①遠距離攻撃(および後衛の遠距離攻撃スキルを含めた総称として使われる用語)
②その指示

使用例

呪操(じゅそう)

①(後衛攻撃スキルの)呪操撃と呪操狂撃(敵前衛が2体以上生存していないと使用できないため他の攻撃スキルと区別される:呪いとも呼ばれる)
②その指示

使用例

汁(じる)

①ジルニトラ(ドラゴン)を指す用語
②ジルニトラの召喚指示

使用例

スイパラ(すいぱら)

①スウィーツパラダイス:[食いしん坊な女神]サトゥルヌスが所持する強力な前衛の攻撃スキル。

使用例

スカウト(すかうと)

①大勧誘!スカウトラッシュ(ぼくドラのイベント)を省略した呼び方。(異次元から英霊を連れ帰ることを目的とするイベントのため、ナンパイベント、ナンパイベ、ナンパと呼ばれることもある)
②ギルド案内所から新メンバーを勧誘すること。

使用例

捨て(すて)

①(攻撃コンボの継続を)諦める・捨てる。

使用例

ステ下げ(すてさげ)

①相手のステータスを減少させるスキル。
②その使用指示。

使用例

スルー(するー)

①敵の召喚した味方気絶者対象のドラゴンブレイクを気にしない。回避行動を行わないこと。無視。
②その指示。

使用例

選抜(せんばつ)

①竜撃選抜グランプリ(通常は最終日の竜王戦を含めない。グランプリともいう)

使用例

底上げ(そこあげ)

①HPがMAXの状態で回復コマンドを連続して実行することで、HPとHPの上限を増やす。
②その指示。

使用例

象(ぞう)

① アイラーヴァタ(ドラゴン)を指す用語。(ゾウ、ゾウさん、象さんとも呼ばれる)
② アイラーヴァタのドラゴンブレイクの召喚指示。

使用例

た行

タコ(たこ)

①クラーケン(ドラゴン)を指す用語。
②クラーケンのドラゴンブレイク召喚の指示。

使用例

短期(たんき)

①ギルドを移籍して1〜2イベントの間滞在すること。(対語:長期)
②それに該当するメンバー。

使用例

単発(たんぱつ)

①敵前衛1体のみにダメージをあたえる攻撃。(対語:範囲攻撃)
②その指示。

使用例

長期(ちょうき)

①基本的に今所属しているギルドをホームギルドとして移籍をしないこと。(対語:短期)
②それに該当するメンバー(ホームメンバー)

使用例

潰し受け(つぶしうけ)

①敵生存者を対象とするドラゴンブレイクの発動直前に敵前衛の全てあるいは一部を気絶状態にし、連続して味方生存者を対象とする能力を上昇するドラゴンブレイクの発動直前に回復コマンドを実行して確実に効果を得ること。
②順番が逆の場合【受け潰し】もある。

使用例

定住(ていじゅう)

①長期と同じ意味であり、より移籍を考えないこと。(それに該当するメンバー:定住メンバー)

使用例

撤退(てったい)

①対戦相手との戦力差や、メンバーの参加状態の差、BPを離されすぎて追いつけない場合などでバトルを諦める。
②勝ち目のないバトルを早々に諦める事により、スライムパウダーの消費を抑えたり、人的な消耗を避け、次回バトルに集中するために行う判断。

使用例

天使(てんし)

①エンジェルドラゴン(ドラゴン)を指す用語
②エンジェルドラゴンの召喚指示

使用例

デスブレ(ですぶれ)

①デスブレイズ(魔法スキル)を指す用語
②デスブレイズの使用指示

使用例

投身(とうしん)

①前衛攻撃スキルの投身突破。(前衛が気絶待機作戦を採る際、最後に生存状態のメンバーが使用する特別なスキル。なげみ、なげなどとも略される)
②その使用指示。

使用例

な行

殴り愛(なぐりあい)

①お互いに最後のドラゴンブレイクがコアトリクエの場合など、攻撃スキルの応酬になること。
②最後が激しい攻撃スキルの応酬となったことへの賞賛(バトル後に挨拶で使用される事が多い。)

使用例

寝ギルド(ねぎるど)

①前衛が基本的に気絶待機の戦術を選び、一度全滅すると起きず、気絶中にも有効なドラゴンだけを召喚し、最後だけ起きること。

使用例

は行

剥ぎ取り(はぎとり)

①スキルを継承すること。(スキル剥ぎ取り)
②鱗を剥ぎ取ること。鱗剥ぎ:竜王戦を指す用語

使用例

畑(はたけ)

①ホームにAPスライムを貯めておくこと。召喚バトルの終盤に速やかにAPを回復する準備。
②その状況を作る指示。

[類語]
花畑、ピンク畑

使用例

張り付き(はりつき)

①該当する召喚バトル開催中の30分間、最初から最後までバトルに参加すること。
②途中から参加の場合、今から張り付きで最後までバトルに参加すること。

使用例

BBQ(ばーべきゅー)

①ブレイズ系スキルの演出が相手を焼き払うイメージのため、ブレイズ系スキルを連続使用すること。気絶したまま起きない戦略を採る、叩き合いに応じない相手に対する不快を根底にする場合が多い。ブレイズ祭などと表現することもある。

使用例

バジ(ばじ)

①バジリスク(ドラゴン)を指す用語。
②そのドラゴンブレイク召喚指示。

使用例

バルサン(ばるさん)

①バルバロッサドラゴン(ドラゴン)を指す用語。(バルバロッサ、バルバロ、バルさん、バルーなどこのユニットの呼び方はギルドによって異なります)
②バルバロッサドラゴンのドラゴンブレイクの召喚指示。

使用例

羊(ひつじ)

①アリエス(ドラゴン)を指す用語
②アリエスの召喚指示

使用例

人柱(ひとばしら)

①味方前衛1人を残して両ギルドの前衛が気絶したため、残った1人はひたすら対戦ギルドの下げ応援を受け続けること。

使用例

ファビュ(ふぁびゅ)

①ファビュラスフォース:[端厳なる神妃]ヘラ、[日天の女神]アマテラスらが所持する強力な後衛の応援スキル。

使用例

ファフ(ふぁふ)

①ファフニール(ドラゴン)を指す用語
②ファフニールの召喚指示

使用例

フル凸(ふるとつ)

①ユニットの限界突破が完了している状態。

使用例

ブリ(ぶり)

①ヴリトラ(ドラゴン)を指す用語
②ヴリトラの召喚指示

使用例

ブレ(ぶれ)

①ブレイズ(魔法スキル)を指す用語
②ブレイズの使用指示

使用例

ブレス(ぶれす)

①ゴッドブレスとアクアブレスに代表される味方のHPを回復させる応援スキル(場合によって味方に対するHP回復効果のあるスキル全般として使用されることもある)

使用例

ヘカトン(へかとん)

①ヘカトンケイル(ドラゴン)を指す用語。
②ヘカトンケイルのドラゴンブレイクの召喚指示。

使用例

ぺらぺら

①味方前衛が全員気絶時に、後衛が応援コマンドを連続して実行して敵にデバフをかけ、ステータスを下げること。
②敵前衛のステータスを下げて攻撃力も防御力も紙のように薄くする指示。

使用例

ホーム(ほーむ)

①(召喚バトル中に)ホーム画面でAPを回復すること。および、その実行の宣言
②召喚士が本拠としているギルド(ホームギルド)

使用例

ま行

マウント(まうんと)

①マウントを取る:相手より戦力的に優位な場合、攻撃で相手を全滅させたあとも回復を許さない連続攻撃で最後まで押し切ること。

使用例

魔法特化(まほうとっか)

①召喚バトルにおけるBP獲得の手段として魔法を主体としたギルド。(対語:攻撃特化)
②ギルドの方針等により魔法系を主体に編成したスキル。

使用例

ママ(まま)

①パチャママ(ドラゴン)を指す用語
②パチャママの召喚指示

使用例

無視(むし)

①味方前衛気絶者を対象とした能力減少またはステータスを悪化させる敵の召喚したドラゴンブレイクを気にせず気絶状態をキープすること
②その指示

使用例

虫(むし)

①クエレブレ(ドラゴン)を指す用語
②クエレブレの召喚指示

使用例

メダパニ(めだぱに)

①大討伐!メダルパニック(ぼくドラのイベント)を省略した呼び方。メダルパニック、単純にメダルだけで呼ばれることもある。

使用例

メリフル(めりふる)

①メリフルアスカーズ:[絶世の美女]クレオパトラが持つ強力な後衛の応援スキル。(限界突破することで[色欲の魔神]アスモデウスも所持できる)

使用例

ら行

ライズ(らいず)

①ライズ系スキル。その総称。(味方複数体の能力を上昇させるスキル)
②その使用指示。

使用例

ライダー(らいだー)

①ペイルライダー(ドラゴン)を指す用語。(ペイルと呼ばれたり、その姿から騎士と呼ばれることもある)
②ペイルライダーのドラゴンブレイク召喚指示。

使用例

ラスドラ(らすどら)

①召喚バトルの最後に使うドラゴン。発動後一定時間物攻や魔攻、その両方を上昇させるドラゴンブレイクを所持しているドラゴンが適している(代表的なラスドラ:コアトリクエ、フェニックス、ヴァルハラ、アプス)

使用例

ラスコン(らすこん)

①その時点で一番後に攻撃コンボを繋いだプレイヤー

使用例

リーグ(りーぐ)

①ぼくドラリーグZ(バトル系イベント)を指す。(ギルドランクごとの順位が決定することから特に重視されるイベント)

使用例

リンゴ(りんご)

①ふりわけの実(アイテム)を指す用語。(入手することでふりわけPが1追加される)

使用例

ループ(るーぷ)

①R以上確定ガチャ剣の100本、200本、300本以内にURユニットが確実に入手できることを指す用語。
②100本ループ、200本ループ、300本ループとも呼ばれる。

使用例

ルナリス(るなりす)

①ルナリスタル:[蒼月の眼差し]ルーナが持つ強力な後衛の応援スキル。

使用例

レイ系(れいけい)

①前衛の魔法スキルであるレイ、メガレイ、ギガレイの総称。(消費APが少ない上に使用回数が3回あり、竜王戦には欠かせないスキル)

使用例

連舞(れんぶ)

①魔法連舞(召喚バトルの特別ルール)を略した用語。

使用例
 
 
 
 

Expiゲーム情報