Expi

【ソルゼロ】鋼鉄の幻城【攻略】

2017/11/15ゲーム攻略

 他の遺跡攻略へ

クエストデータ

踏破報酬

アイコン 報酬
SSR英霊召喚チケット

遺跡データ

この遺跡に出現する敵は、エリアごとに出現するモンスターの属性が違うため、PTは敵の情報を見て決めよう。
ボスフロアは、敵の属性に合わせて、テラ属性で固めるといい。

なお、全フロア通して、敵の物理耐性がかなり高いため、魔法攻撃主体のパーティを編成すること。

※★マークはBOSSフロア

エリア 難易度 属性 初回クリア報酬
25 テラの覚醒結晶(中)
25 全能の成長コードⅢ
25 英霊石
25 ソルの覚醒結晶(中)
25 英霊石
30 英霊記章
30 ルナの覚醒結晶(中)
30 全能の成長コードⅢ
30 英霊石
10 30 英霊召喚チケット
11 35 ソルの覚醒結晶(中)
12 35 全能の成長コードⅢ
13 35 スタミナ20回復薬
14 35 ルナの覚醒結晶(中)
15 35 全能の成長コードⅢ
16 40 英霊石
17 40 ルナの覚醒結晶(大)
18 40 育成クエストキー
19 40 テラの覚醒結晶(中)
20 40 英霊記章
21 45 英霊石
22 45 ソルの覚醒結晶(大)
23 45 全能の成長コードⅢ
24 45 英霊召喚チケット
25 45 魔防のルーン
26 50 スタミナ20回復薬
27 50 英霊石
28 50 テラの覚醒結晶(大)
29 50 英霊記章
30
55 SR以上英霊召喚チケット
31 60 HPのルーン
32 60 英霊石
33 60 魔防のルーン
34 60 ルナの覚醒結晶(大)
35 60 英霊記章
36 65 全能の成長コードⅣ
37 65 英霊石
38 65 全能の成長コードⅢ
39 65 魔攻のルーン
40 70 ソルの覚醒結晶(大)
41 70 育成クエストキー
42 70 英霊記章
43 70 英霊石
44 70 テラの覚醒結晶(大)
45 70 魔防のルーン
46 70 SR以上英霊召喚チケット
47 70 英霊記章
48 70 英霊石
49 70 英霊記章
50
75 SSR英霊召喚チケット

BOSS攻略

※フロア30にもゴーファンが出現するが、攻略方法は同じ。
本記事ではフロア50のゴーファンについてを扱う。

ゴーファン

属性 ミッション 指定分ダメージ
部位
本体(体)

BOSSのゴーファンは本体以外に部位は無い。また、ミッションは30秒以内に55000ダメージを与えるという少しシビアなものとなっている。

物理攻撃をバリアで無効化する行動を取るため、火力役は全て魔法英霊で固めよう。

ゴーファンは、ストーリー6章のBOSSであるハーンと似た行動パターンを持っており、雑魚モンスターを大量に召喚する。かなりガッツリと育成したPTで挑まないと苦戦は必至。

パーティ編成の注意点

まず、Rで固めた編成ではほぼ間違いなくクリア不可能。BOSSで押し切られてしまう可能性が高い。
R以下の英霊を編成する場合は、覚醒/レベル共にMAXは必須。SR以上の英霊を多く編成し、そちらもレベルはMAXが前提として、覚醒は3以上は欲しい。

▲このくらいの編成なら、安定して攻略ができる

ポイントとして、壁役1体、ヒーラー1体で残りは全て魔法タイプにしたほうが良い。

また、ゴーファンはハーンと同様に、雑魚モンスターを大量に召喚するため、
ここで、覚醒がMAXのゲオルギウス(SSR)が居ると、壁役とヒーラーを兼用となり、ヒーラー1体を火力に回すことができる。

もし所持しているようなら、積極的に編成しよう。

立ち回り

まず、開始してすぐにミッションが始まる形式ではなく、 約30秒間は通常のバトルとなる。
ミッションが始まるまでに猶予があるので、ここで可能な限り削っておこう。ただし、ソウルアーツは使わないこと。

▲次にミッションが控えているので、様子を見ながらアクションを使おう

ミッションが開始されたらひたすらアクションでダメージを与えていく。

▲ミッションの達成ラインがかなりシビアなので迅速に

この段階では、なるべくソウルアーツは温存したいところ。
もし、どうしても使う必要がある場合は、単体ダメージ系のソウルアーツを使おう。

無事にBreakできるとゴーファンがスタンするのと同時に、ディノランサーが追加で2体出現する。

▲Break中はゴーファンに集中攻撃

ディノランサーを放置しておくと、被弾が増えてしまうため早めに処理をしたいところなのだが、
そちらにばかり気を取られていると、今度はゴーファンのHPを削るのが難しくなってくる。

ここは全体攻撃ソウルアーツを1発打ち込んでおいて、ディノランサーを早めに片付けておきたい。

▲ソウルアーツのみでは倒しきれない場合は、Breakが終わった後のミッション開始までに倒しておきたい

Breakが解けてまた20秒近くは通常バトルに戻るが、次のミッションの開始直前に闇ベルトラン、レイスを追加で召喚。

最初に召喚されたディノランサーを処理しておかないと、敵が最大5対まで膨れ上がってしまう。

▲こうなってしまうと、SSR英霊など高火力のソウルアーツが無いとかなり厳しくなるため、かならずディノランサーは2回目のミッション前に倒すこと

次のミッションで、一番厄介なのが闇ベルトラン。属性がルナのため、こちらがソル属性中心のパーティになっていると大ダメージを受けてしまう。

▲ベルトランのアクションは、単体にダメージを与えつつ、高確率で凍結させられてしまう

ただし、ここでベルトランに攻撃を集中させてしまうとゴーファンのミッションが間に合わなくなるため、ベルトランはBreakだけするようにして後回し。

ここで、全体攻撃系ソウルアーツがもう一つあると、ベルトランの攻撃を阻止しつつゴーファンにもダメージを与えることができる。

▲Breakしたらまたゴーファンに集中攻撃。レイスも攻撃は痛いが、一旦放置しておく

ここは踏ん張りどころとなるため、もしパーシヴァルのようなダメージ軽減バリアがあれば使っておくと良い。

後は、ダメージを気にしつつ、ゴーファンをまずは倒しに行く。

▲敵の壊滅まであと少し!

ゴーファンさえ倒してしまえば、後は雑魚モンスター2体だけとなるので、油断しないよう倒しておしまい。

ベルトランはBreak耐性を持っているため、先にレイスを片付けた方が被弾が少ないかもしれない。

▲さすがのベルトランも、多勢に無勢では勝ち目はない

おすすめの英霊

SRでおすすめの英霊をピックアップしていく。


郭嘉
リーダースキルでソルの魔法ダメージを15%アップと、SRの中では倍率的にかなり優秀。
アクションの威力が高く、オートアタックで後衛の魔法ダメージを更にアップができるので、アタッカーとして重宝する。

ディンドラン
相手がテラ属性のため、R英霊の優秀なヒーラー兼アタッカーであるエウリュディケ(R)の相性があまり良くない。
ここは復活スキルももち、ソル属性の優秀なヒーラーであるディンドランを編成してみよう。

パーシヴァル
アビリティにより、後衛1体につき自身の全被ダメージを10%ずつ軽減できるため、今回のような後衛が中心のPTの場合は強力な壁役として機能する。

Expiゲーム情報